再臨待望聖会

「再臨待望聖会」は、①日本の霊的覚醒、②ユダヤ人の救い、③メシアの再臨の3つを祈りのテーマし、再臨信仰を持つ信者が結集する聖会です。

第7回再臨待望聖会「メシアに出会った正統派ユダヤ人が語る終末論」

今年も、「再臨待望聖会」開催の日が近づいてきました。今回は、第7回目となります。講演内容は、ユダヤ的背景を基にした終末論の解説となります。ご期待ください。

中川健一

第7回再臨待望聖会のチラシダウンロード

開催地・日時

場所

  • ロサンゼルス合同キリスト教会
    Union Church of Los Angeles

日時

  • 9月25日(日)
  • 開場14時
  • セッション1  14時30分〜16時00分
  • セッション2  16時00分〜17時30分

*間に短い休憩が入ります。申し込み不要、参加無料、席上献金あり

なぜ「再臨待望」か

私は、再臨について学び、静思することは、クリスチャン生活にとって以下のような祝福をもたらすと確信しています。

(1)再臨について無関心なクリスチャンが多いのですが、その理由が明らかになります。終末論に関しては、実にさまざまな意見があります。聖書をどこまで比ゆ的に読むか、また、どこまで字義通りに読むかによって、その人の終末論が規定されます。字義通りの解釈に徹すれば、再臨に関する教えは明確になってきます。

(2)聖書の断片的な知識が整理され、神の人類救済計画の概要が把握できるようになります。つまり、キリスト教が歴史観であり世界観であることが明確になるということです。

(3)日本のリバイバル、イスラエルの救い、メシアの再臨が、相互に関連したものであることが理解できるようになります。再臨の条件は、イスラエルの救いですが、その前に、異邦人の救いの完成が来なければなりません。そういう意味で、再臨について論じることは、異邦人伝道に励む動機となります。

(4)クリスチャン生活の目標が明確になります。私たちは、携挙と再臨を待ち望みながら生きています。

再臨を待ち望むすべての人の上に、神の祝福がありますように。

中川健一

過去の聖会

再臨待望聖会のDVD・CDは、オンラインショップにて購入できます。

過去の聖会のテキストは、アウトラインページでダウンロードできます。

第6回再臨待望聖会の様子